やっと「この世界の片隅に」観てきました。 | 碇屋工房Blog

やっと「この世界の片隅に」観てきました。

コミティアで上京した際に甲申由のお兄さんに勧められ、更に他の人にも勧められていて、観には行きたかったものの、仕事とか同人原稿の締め切りの都合で行けなかった「この世界の片隅に」を、よんこま小町の翌日に観てきました〜。まぁ、実はよんこま小町の前日に観ようと思っていたんですけど、寝起きの体調が頗る悪く睡眠を優先したので、思って居た日の翌々日になりました。いやね、最近は体力の衰えもあるのか、映画観るのにも体力を削られるので(汗

で、感想ですが。「丁寧に作り込まれた秀作」という言葉はぴったりと当てはまる、良作品でした。主に1943〜45年の軍港都市・呉を舞台に、すずと言う主人公を中心に当時の日常を丁寧に描き、主人公の・・・と、まぁ、よくある評論になりそうなので、この辺で止めときますねw でも、今まで観た映画の中でも「傑作」とい言って然るべき映画ですよー、いやマジで。

個人的に印象深かったのは、やはり映画の中でもよく観れた呉の地形かなぁ。呉は自分が生まれる前に死んだ祖父の出身地で、10年ほど前までは大叔父も健在。14年ほど前にも一度顔を見せに伺った事があるのだが、その際にも大叔父宅に行く際は傾斜のある細い路地を入り込んで辿り着いた記憶がある。それがなんか北條家への道と被った感じがしましたやね。

あと、やっぱ能年玲奈(今は「のん」か)という女優は凄まじい才能だと。本業の声優で無いけど、それでも、その声で引き込む演技力は感嘆すべきかと。

なんとかもう一度、劇場で観たい気もしますが、其れまで上映ってくれてるか如何か。今回は「梅田ブルク7」で観たんだけど、もう1日1回上映でしたし(但し、休日と言う事も有ってか、満席でしたけども)

    |
    |このエントリーをはてなブックマークに追加                     
  • -
  • -
  • trackbacks(0)
  • 明日、いかりや。

スポンサーサイト

  • -
  • 22:19
  • 2017.09.21 Thursday

    |
    |このエントリーをはてなブックマークに追加                     
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
                         
Trackback URL

Trackback