手巻きタバコまで始めてしまいました(汗 | 碇屋工房Blog

手巻きタバコまで始めてしまいました(汗


写真の手前、100均で瓶買ってきてシャグ(煙草の葉)保管しています。手前の小さいのがラズベリーフレーバー、奥の大きいのがチョコ1・バニラ2でブレンドしたフレーバー(余ったフレーバーはジッブロックに入れて湿気らないようにしています)。

さて、写真でも分かる様に普通の煙草に加え、今年に入ってからIQOSを初めてしまったにも関わらず、夏場に銀仮面センセがmixiに書き込んだ「紙巻タバコ吸ってる」「フレーバーを組み合わせて喫ってる」と言う内容に物凄く惹きつけられてしまい、夏コミ時の呑み会で手解きを受けてから、ボチボチと手巻きの煙草まで始めてしまいました。

どんだけ煙草好きやねん、お前。

基本、巻紙でシャグを巻いて喫う代物なのですが、必要な場合はフィルター(自分は常用)を入れて、更に巻く際に整って巻きたい場合はローラーを使って巻いて行くという感じ(巻き方はYouTubeとかに結構UPされてますw)。最大のメリットは1本当たりの単価の安さでしょう。フィルター使っても多分通常の煙草の半額、2級品から見ても2/3位のコスパは見逃せません。まぁ、自分はそれよりも「フレーバーの調節が自分で出来る」所に強く引かれた訳ですが、その割にはまだ3種類のフレーバーしか無かったりします(汗)。だって、地元じゃ売って無いんだもん。

と、デメリットは此処なんですよね。売っている店が中々無い。自分はスターターセット的な物品は東京の定宿に近い浅草の「和泉屋」で、追加のシャグは大阪に出た時に難波の「Zippo専門店ナカムラ」購入した訳ですが、実際住んで居る場所が和歌山の僻地なので購入に手間取る。下手に通販すると「安い」と言うメリットは無くなってしまう訳で。自分の場合は前述通り「フレーバーがブレンドできる」所が大きいので、其処までの問題は無いんですが。後は「巻くのが面倒」と言うのもデメリットと言えばデメリットか。
またフレーバー以外出も巻紙を「燃焼剤無し、無漂泊」とかを選べたり(通常の煙草は基本、巻紙は燃焼剤入り)、フィルターも太さやらメンソール入りを選べたりとカスタマイズのバリエーションが豊富なので、ある意味オタク受けする喫い方だと思うんですけどねー。

そんなこんなで3種の煙草を喫い分ける、かなりの変り者になってしまった訳ですが、其々TPOに合わせて3つとも喫っている現状だったり(IQOSは喫煙者が少ないor居ない呑み会でとか、と言う感じで・汗)。いやはや。

    |
    |このエントリーをはてなブックマークに追加                     
  • -
  • -
  • trackbacks(0)
  • 明日、いかりや。

スポンサーサイト

  • -
  • 22:26
  • 2017.11.16 Thursday

    |
    |このエントリーをはてなブックマークに追加                     
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
                         
Trackback URL

Trackback