YOKOSUKA軍港めぐり行ってきたよ(後編) | 碇屋工房Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • 2018.02.04 Sunday

    |
    |このエントリーをはてなブックマークに追加                     
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

YOKOSUKA軍港めぐり行ってきたよ(後編)

長浦港の口に停泊して居た「ゆうぎり」&「しょうなん」を後にして前に目を転じると、艦籍番号の無い木造船が。

除籍され解体を待つ元・掃海艇「はちじょう」。船体は触雷を防ぐために木造。そう言えば由良基地で見学した「つのしま」も未だ木造でした(新しい掃海艇は強化プラ製)

そんな「はちじょう」の脇を「輸送艇2号」が走って行きます。

その輸送艇2号の行く先に如何にも見覚えのある船。7月に舞鶴で見た潜水艦救難母艦「ちよだ」でした。停留港は横須賀なので「戻って」きてました。

相変わらず艦橋がビジホっぽい。

「ちよだ」の奥には掃海艇の「ちちじま」。船体は「はちじょう」と違ってFRP製です。
軍港めぐりは廃艦となった「はちじょう」の横を抜け、新井掘割水路へ。

前から給油用の支援船が進んできます。「YO」は重油を指すそうで。因みにこの船は「油船25号型」の「油船29号」

そんでもって乗船して居る遊覧船は新井掘割を進んでいきます。前には本港に停泊する護衛艦群。

手前が「やまぎり」で奥が「てるづき」

「てるづき」は夏に舞鶴でみた「ふゆづき」同様、イージス艦と見紛うフェーズアレイ・レーダーが。
その奥に更に三隻。

右から「おおなみ」「あたご」「いかづち」と。

逆光で中々上手く撮れんかったが、まぁ、光の加減は仕方なし。やっぱりイージス艦の「あたご」はひと周りデカいねー。

そんな感じで、元の乗り場に戻って参りました。いやぁ、風凄かったわ(汗
にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村

    |
    |このエントリーをはてなブックマークに追加                     
  • -
  • -
  • trackbacks(0)
  • 明日、いかりや。

スポンサーサイト

  • -
  • 19:53
  • 2018.02.04 Sunday

    |
    |このエントリーをはてなブックマークに追加                     
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
                         
Trackback URL

Trackback